スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

46日目 病理組織検査報告書

基礎体温  あ~~検温忘れです。




昨日、婦人科で診断書といっしょに『病理組織検査報告書』ってものももらいました。

先生曰く
『普通の所見なのでとくに問題ないですよ』
とのこと。


具体的な文面を書いておきます。

-----------------------------------------------------------------
提出検体は子宮内容物12gで、全量を4ブロックの標本として検索しました。
変性を伴った脱落膜および体内膜がみられますが、絨毛や胎芽は確認されません。
胎児成分が掻爬前に流出した可能性やectopyの可能性はいかがでしょうか。
胞状奇胎や悪性所見は認められません。

-----------------------------------------------------------------


特別、検査を頼んだわけではないので、手術代に含まれた検査だったのかな??




 ↓↓赤ちゃん待ちの人のブログがたくさんです。 
にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ

↓↓こっちも赤ちゃん待ちの人のブログがたくさんです。


妊娠 妊娠 妊娠 妊娠
スポンサーサイト
[ 2008/03/06 17:33 ] 1度目の流産 | TB(0) | CM(0)

今の気持ち


妊娠がわかって妊婦生活のブログを書き始めてすぐ、流産してしまいました。

妊娠するまでの4ヶ月も流産直後も経験者の人のブログをたくさん読みました。

赤ちゃんを待つ気持ちも、妊娠初期の不安も、流産後の喪失感も身近な友達とは、話ずらいし経験談も聞きにくい。でも同じ経験をしている人と共感したくてたくさんの方のブログを読ませていただいていました。

だから妊娠がわかったときは、赤ちゃん待ちの時に知りたかった妊娠初期症状をあたしもブログに残しておこうって思ったし、流産したときのこともブログに残しておこうって思いました。

妊娠に気がついてわずか2週間足らずで流産してしまい、流産してからはもう2週間以上すぎているけれどまだ『流産』って単語をパソコンで打つことにもためらってしまいます。

少しずつ流産の日のこと、その後のこと、それからリベンジ赤ちゃん待ちの日々の日記をつづっていこうと思った今日でした。


[ 2008/02/06 21:23 ] 1度目の流産 | TB(0) | CM(0)

そうは手術の日②

朝ごはんは、クッキー1枚とお水を一口だったけど、『手術後に吐いちゃうことがあるから少し時間を置くために休んでて。』と言われてしばらく病室に1人きり。

また ふわ~って涙 がでてきた。
突然、看護婦さんがきたら嫌だから涙を止めようとしたけど、なかなかとまらない。

悲しい?さみいしい?怖い?後悔?  

よくわかんないけど、涙がでてきた。


ずっと不安だった。流産する気がしてた。

初夢が流産だった。たぶん逆算すると着床したころの夢。

それに、福さん式に

http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/7296/geodiary.html

ずっと、下腹部痛が続いている事。全体的に見ても、体温の安定が見られない。こういうときは妊娠したとしても、その後流産になる可能性もあるかもしれないと言う事を知っていただきたいのです。それと、どういう訳か一人目は流産する可能性が高いのです。やはり、体(子宮)が妊娠する事に慣れてないと言う事でしょうか。一応、知識として覚えておきましょう。流産の経験が無い人は、体がすご~く妊娠に向いているのかも。あと、流産したとして、初期の場合、ほとんどが、受精卵の異常なのでこれはしょうがない事と受け止めましょう。


こういう記述がありました。確かにあたしの高温期は安定していませんでした。そして初めての妊娠。


やっぱり駄目だったんだ。


あとは・・・・

この前日は、夫婦で新幹線で友人の結婚式に泊まりで行ってました。
迷ったけど、先生も行ってもいいよ。って言ったけど、

やっぱり行かなければよかったのかな?

いろんなこと考えて、でもただただ生んであげられないことを赤ちゃんに申し訳なく、さみしく思ったような。

よく覚えてないけど、どんどん涙がでてきました。


どのくらい時間がたったのかわからないけど、涙が止まって落ち着いた頃、看護婦さんがきて内診台へ案内されました。

先生に注射をうたれたら、頭がぐらんぐらんまわってました。









気がついたら最初の病室に横になってました。
夢の中なのか?目が覚めたのかよくわからないけど、寝返りをうとうとしたら 頭がぐらんぐらん してひどい頭痛。


激しい吐き気に襲われた。

いつの間にか吐いたようで顔がぐちゃぐちゃ。

看護婦さんがきて『あ、吐いちゃったんだね。まだ吐きそう?』ってきかれた。

『わかんない。お腹痛い』とだけ、たぶん答えた気がする。

『注射うつね。らくになるからね~』って言われてお尻に注射をうたれたら、またそこから記憶がとんだ。


次に気がついたら、顔もきれいになってて、頭痛もだいぶよくなってた。

何時なんだろう?時間の感覚が全然わかんない。

最初に診察室に入ったのが10時過ぎ。手術をしたのは、まだ午前中だったはず。


まだ身体が重かったけど、トイレまでは歩けそうだったのでトイレへ。

朝からやや下痢気味だったから、その腹痛だったと思う。

でもトイレでまたひどい頭痛。

ちゃんと流せたか定かではないけど、ふらふらしながらベットへもどって倒れこんだ。

麻酔が効きすぎなのかな??


手術のことなんてまったく記憶ない。どうやってベットにもどったのか?分からない。


看護婦さんがお水を持ってきてくれて、16時過ぎだとて教えてくれた。

ちょっとしてまた看護婦さんがきて、いっしょに内診台へ

止血用のガーゼを先生がとってくれて。また病室のベットへ
『しばらく休んで、大丈夫そうなら着替えて受付に顔出してね』って言って看護婦さんがでていった。

1時間弱そのまま横になってたのかな?はやく帰りたくて(病院からはなれたくて?)着替えて、歩けそうなので受付へ。

『もう大丈夫なの?』看護婦さんがまた心配してくれた。

最後にもう一度診察室室へ。


先生から次の説明を受けた。

今日は、シャワーも駄目。明日からしばらくはシャワーのみ
人によっては、次の生理までだらだら出血が続くこと
3日分の薬をちゃんと飲むこと
人によっては、高熱がでることがあるので解熱剤を処方すること
腹痛があったら市販のものでもいいので鎮静剤を飲むこと

妊娠は、次の生理後まで待つこと
(でも妊娠したらそれは、それでもいいけど、出血があるからやめた方がいいよとも言われた)

2~3日後に再診すること




運よく、病院をでたら目の前をタクシーが通ったのでそのまま帰宅。



最後に日帰り入院+そうは手術の費用 20,850円でした。



手術直後には、日記を書く気になれなかったので手術から1ヶ月くらいたって思い出しながら書いた日記です。



↓↓赤ちゃん待ちの人のブログがたくさんです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ
掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術
そうは手術 そうは手術 そうは手術 そうは手術 そうは手術









[ 2008/01/21 21:58 ] 1度目の流産 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク

FC2カウンター
ランキング参加中

子育て中の人のブログがたくさんあります。 ↓↓ にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村

おすすめ
基礎体温


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。