スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

そうは手術の日②

朝ごはんは、クッキー1枚とお水を一口だったけど、『手術後に吐いちゃうことがあるから少し時間を置くために休んでて。』と言われてしばらく病室に1人きり。

また ふわ~って涙 がでてきた。
突然、看護婦さんがきたら嫌だから涙を止めようとしたけど、なかなかとまらない。

悲しい?さみいしい?怖い?後悔?  

よくわかんないけど、涙がでてきた。


ずっと不安だった。流産する気がしてた。

初夢が流産だった。たぶん逆算すると着床したころの夢。

それに、福さん式に

http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/7296/geodiary.html

ずっと、下腹部痛が続いている事。全体的に見ても、体温の安定が見られない。こういうときは妊娠したとしても、その後流産になる可能性もあるかもしれないと言う事を知っていただきたいのです。それと、どういう訳か一人目は流産する可能性が高いのです。やはり、体(子宮)が妊娠する事に慣れてないと言う事でしょうか。一応、知識として覚えておきましょう。流産の経験が無い人は、体がすご~く妊娠に向いているのかも。あと、流産したとして、初期の場合、ほとんどが、受精卵の異常なのでこれはしょうがない事と受け止めましょう。


こういう記述がありました。確かにあたしの高温期は安定していませんでした。そして初めての妊娠。


やっぱり駄目だったんだ。


あとは・・・・

この前日は、夫婦で新幹線で友人の結婚式に泊まりで行ってました。
迷ったけど、先生も行ってもいいよ。って言ったけど、

やっぱり行かなければよかったのかな?

いろんなこと考えて、でもただただ生んであげられないことを赤ちゃんに申し訳なく、さみしく思ったような。

よく覚えてないけど、どんどん涙がでてきました。


どのくらい時間がたったのかわからないけど、涙が止まって落ち着いた頃、看護婦さんがきて内診台へ案内されました。

先生に注射をうたれたら、頭がぐらんぐらんまわってました。









気がついたら最初の病室に横になってました。
夢の中なのか?目が覚めたのかよくわからないけど、寝返りをうとうとしたら 頭がぐらんぐらん してひどい頭痛。


激しい吐き気に襲われた。

いつの間にか吐いたようで顔がぐちゃぐちゃ。

看護婦さんがきて『あ、吐いちゃったんだね。まだ吐きそう?』ってきかれた。

『わかんない。お腹痛い』とだけ、たぶん答えた気がする。

『注射うつね。らくになるからね~』って言われてお尻に注射をうたれたら、またそこから記憶がとんだ。


次に気がついたら、顔もきれいになってて、頭痛もだいぶよくなってた。

何時なんだろう?時間の感覚が全然わかんない。

最初に診察室に入ったのが10時過ぎ。手術をしたのは、まだ午前中だったはず。


まだ身体が重かったけど、トイレまでは歩けそうだったのでトイレへ。

朝からやや下痢気味だったから、その腹痛だったと思う。

でもトイレでまたひどい頭痛。

ちゃんと流せたか定かではないけど、ふらふらしながらベットへもどって倒れこんだ。

麻酔が効きすぎなのかな??


手術のことなんてまったく記憶ない。どうやってベットにもどったのか?分からない。


看護婦さんがお水を持ってきてくれて、16時過ぎだとて教えてくれた。

ちょっとしてまた看護婦さんがきて、いっしょに内診台へ

止血用のガーゼを先生がとってくれて。また病室のベットへ
『しばらく休んで、大丈夫そうなら着替えて受付に顔出してね』って言って看護婦さんがでていった。

1時間弱そのまま横になってたのかな?はやく帰りたくて(病院からはなれたくて?)着替えて、歩けそうなので受付へ。

『もう大丈夫なの?』看護婦さんがまた心配してくれた。

最後にもう一度診察室室へ。


先生から次の説明を受けた。

今日は、シャワーも駄目。明日からしばらくはシャワーのみ
人によっては、次の生理までだらだら出血が続くこと
3日分の薬をちゃんと飲むこと
人によっては、高熱がでることがあるので解熱剤を処方すること
腹痛があったら市販のものでもいいので鎮静剤を飲むこと

妊娠は、次の生理後まで待つこと
(でも妊娠したらそれは、それでもいいけど、出血があるからやめた方がいいよとも言われた)

2~3日後に再診すること




運よく、病院をでたら目の前をタクシーが通ったのでそのまま帰宅。



最後に日帰り入院+そうは手術の費用 20,850円でした。



手術直後には、日記を書く気になれなかったので手術から1ヶ月くらいたって思い出しながら書いた日記です。



↓↓赤ちゃん待ちの人のブログがたくさんです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ
掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術
そうは手術 そうは手術 そうは手術 そうは手術 そうは手術









スポンサーサイト
[ 2008/01/21 21:58 ] 1度目の流産 | TB(0) | CM(0)

そうは手術の日①

朝、寝ぼけたままトイレにはいったらトイレットペーパーに少し血がついてきた

下着に出血の跡はなかったのに。


妊娠確認してからトイレにいくたびに、
『下着に血がついてたらどうしよう?』
毎回ドキドキしながら見てたけど、1週間以上たってだいぶそのドキドキもおさまってきていた時でした。

まさかね?


出血ちょっとだし、こんなので病院行っても『心配性ですね』でおわっちゃうよね。

お腹もどこも痛くないし。

会社行かないといけないから、残業しなければ十分病院の受付時間に間にあうし。会社終わってから病院行けばいいよね??


しばらく1人でぐるぐる考えたけど、やっぱり心配性だと言われてもいいや。やっぱり気になって仕事にならないし、病院にいってから会社に行こう。

会社へ連絡してから、病院の診療受付開始の時間まではまだ時間があるから布団に戻ってちょっとゆっくりした。

病院に行く準備をしてから、もう一度トイレにいったら出血してた。
最初は、おりものに少し赤いものが混ざってるくらいだったけど。
明らかに出血だ。生理のはじまりみたい

病院までは自転車で10分、徒歩でも20分だけどなんとなく安静にした方がいいな。って思ったからタクシーで向かいました。


病院について、先生に出血したこと伝えて、すぐに内診台へ。

  『あ~出血してるけど、赤ちゃん元気だよ』 

カーテンの向こうからそう先生が言ってくれると思った。
そうあってほしいと祈ってました。



でも・・・

先生は、カーテンの向こうで無言のまま。

看護婦さんから着替えて、診察室へとうながされました。

あ・・・・。ちょっと覚悟してから診察室へ。


『今回は、残念だけど・・・』

なんか現実を受け止められないような、他人事みたいな感じ。

『仕事しているんだよね。何日も休むのも大変だ可能ならお腹の中をきれいにする手術を今日にでもした方がいいんだけど、このまま会社お休みできる?』

『日帰り入院だから夕方には、帰れるよ』

先生と看護婦さんが説明してくれました。

『仕事休むなら、今日だけにした方がいいな。』
思考回路がそこだけまとまったので、このまま手術をお願いしました。

『職場に連絡したら、また受付に声かけて』と言われて、一旦病院の外へ。

朝、<出血が心配だから病院にいってから仕事にいくね。>とだけ、だんなさまには、メールしておきました。

まずだんなさまの携帯へ

『どう?大丈夫?』

だんなさまの声を聞いたら涙がでてきた。
めったに泣くなんてことないあたしだから、だんなさまも電話の向こうで心配そう。

赤ちゃんがお空に帰ったこと
日帰り入院で手術すること
夕方には帰宅できること

仕事中にあたしの心配で自動車事故(車で営業中)でもおこされたら大変だから最後は、明るめに(泣いたままだけど)大丈夫だよって伝えて電話を切りました。

会社へは、電話する気になれなくてメールだけ入れて、赤くなった鼻をファンデーションで隠して病院の待ち合い室へ戻りました。


出産は、実家の近くでするつもりだったから検診に選んだ病院は仕事帰りでも診察に間にあう病院。都心にあって、ピルの処方なんかがメインの婦人科の病院。
お産はできない病院だからおなかの大きな妊婦さんも、赤ちゃんもいない。
幸せオーラを放ってる人のいない待ち合い室でよかった。


看護婦さんにうながされて病室へ。ピンクの病人服に着替えるように言われて、手術の同意書にサインするように言われました。

お腹をきれいにする手術。よくわからなかったけど、同意書を見てやっとわかりました。
あ~、中絶の手術と同じなんだ。


看護婦さんから『保険が利くから、25,000円くらいだけど手術前に預かっても大丈夫?持ち合わせある??』といわれたので3万円預けました。

その時は、手術後はふらふらするから先に清算するのかな?って思ったけど、未払いのまま逃げられないように先払いだったのかな?って後で思いました。



手術直後には、日記を書く気になれなかったので手術から1ヶ月くらいたって思い出しながら書いた日記です。



↓↓赤ちゃん待ちの人のブログがたくさんです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ
掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術 掻爬手術
そうは手術 そうは手術 そうは手術 そうは手術 そうは手術







[ 2008/01/21 21:07 ] 1度目の流産 | TB(0) | CM(0)

初診

朝から雨だったけど、だんなさまと近所の産婦人科に行きました。

都心のオフィス街だし、産科というよりもピルの処方のために利用しているOLさんが多いレディースクリニックです。

だんなさまは、待合室での周りの(なんで男がいるの的な)冷たい視線と、なれない雰囲気でちょっとかわいそうだったかな?

そんな、かわいそうなだんなさまを待合室に残して、ひとりで診察室へ。


無事に赤ちゃん確認できました

まだ心拍確認はできなかったので2週間後に再診です。

生理前のような下腹部痛+筋肉痛のような腹痛をうったえましたが、妊娠初期はそんなもんだから心配ないよ。とのこと。

なんだかうれしくて ふわふわ した気分になっちゃったので普段飲んでるアトピーの薬を飲み続けて平気なのかきくの忘れちゃったよ。

検査薬で妊娠は、わかっていたけどでも反応うすくて見間違いじゃないかと思ってたし、こんなに計画通りにいくなんてうそみたいで先生に診てもらうまで本当に妊娠したのか?不安だったのでとてもうれしい気分で病院を後にしました。


[ 2008/01/18 14:52 ] 妊娠2ヶ月  | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク

FC2カウンター
ランキング参加中

子育て中の人のブログがたくさんあります。 ↓↓ にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村

おすすめ
基礎体温


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。